HOME > 機構団体信用生命保険(団信)

機構団体信用生命保険(団信)

【フラット35】は団信付きの住宅口ーンになりました。
(2017年10月1日以後に【フラット35】をお申込みの方に適用されます。)

  • 【フラット35】を2017年10月1日以後にお申込みいただいたお客さまから、月々の【フラット35】のお支払いに団体信用生命保険の加入に必要な費用が含まれるため、年払いでの団信特約料のお支払いが不要になりました。
  • 保障内容も充実し、ますます【フラット35】が利用しやすくなりました。
  • 2017年9月30日までに【フラット35】をお申込みのかたは保障内容などが異なります。
    詳しくは、フラット35WEBサイト(http://www.flat35.com/danshin/index.html)をご覧ください。
  • 健康上の理由その他の事情で団体信用生命保険に加入されない場合も【フラット35】をご利用いただけます。

機構団体信用生命保険とは

ご加入者に万一のことがあった場合、残りの住宅ローンがなくなる保障制度です。ご加入は任意ですが、万が一を考え、加入をお勧めします。

機構団体信用生命保険には、新機構団信と新3大疾病付機構団信の2つのメニューがあります。

(平成29年9月30日までに正式審査申込みをされた場合は、旧機構団信と旧3大疾病付機構団信の2つのメニューがあります。)

  • 機構団体信用生命保険は、フラット35のお借入れにご利用いただけます。
  • ミスターパッケージローンのお借入れ分については、「団体信用生命保険(ミスターパッケージローン)」をご確認ください。

新機構団信とは

死亡 身体障害補償 国内団信初(注1)
  • ご加入者が死亡または所定の身体障害状態になられた場合に、残りの住宅ローンが全額弁済されます。
  • 告知日現在、満15歳以上 満70歳未満のかたが対象となります。
  • 最長満80歳までの保障となります。
  •  「デュエット」により、連帯債務者である夫婦おふたりでご加入いただけます。この場合新機構団信付きの【フラット35】の「借入金利+0.18%」でご利用いただきます。
    デュエットは、連帯債務者である夫婦おふたりで加入することができる制度です。
    ご夫婦のどちらか一方の加入者が死亡または所定の身体障害状態になられた場合には、住宅の持分や返済額等にかかわらず、残りの住宅ローンが全額弁済され、ローンの返済義務は残りません。
    また、「デュエット」をご利用できるご夫婦とは、戸籍上の夫婦、婚約関係、内縁関係にあるかたです。
    • 新3大疾病付機構団信でのご利用はできません。また、返済途中でのデュエットへの変更はできません。

新3大疾病付機構団信とは

死亡 身体障害補償 国内団信初(注1) 3大疾病 介護保障
  • 死亡・所定の身体障害状態に加え、3大疾病(がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中)および公的介護保険制度に定める要介護2から要介護5の状態などになられた場合も保障します。
  • 告知日時点で、満15歳以上 満51歳未満が対象です。
  • 新3大疾病の保障は最長満75歳まで、死亡・高度障害の保障は最長満80歳までとなります。
  • 新3大疾病付機構団信は新機構団信付きの【フラット35】の「借入金利+0.24%」でご利用いただきます。
    • お申込を希望される場合は、申込書をお送りいたしますので、カスタマーセンターまでご連絡ください。
    • 新3大疾病付機構団信へのご加入を希望する方で、【フラット35】の借入金額が5,000万円を超える方は、「告知事項」の有無にかかわらず、所定の「健康診断結果証明書」をご提出いただきます。
  • 新3大疾病付機構団信の詳細については機構WEBサイト「新3大疾病付機構団信とは 別ウィンドウで開きます」をご参照ください。

ご注意事項

  • 新機構団信と新3大疾病付機構団信はお客さまの任意でいずれかにご加入いただけますが、ご加入いただいたあとの途中変更はできませんので、ご家族でよくご検討のうえお申し込みください。
  • 住宅金融支援機構等を債権者とする住宅ローンをご利用になった際に既に機構団体信用生命保険特約制度にご加入されている場合には、その加入金額(債務残高)と今回申込みをする新機構団信の加入金額(借入予定額)を合算して、1億円までの場合に限りご加入いただけます。
  • 借換え前の住宅ローンについてご加入されていた団体信用生命保険は借換えにより保障が終了します。
  • 機構団体信用生命保険へのご加入を希望される場合は、あらためて加入申込みいただく必要があります。ただし、加入審査の結果、ご加入いただけない場合があります。
  • 借換え日(フラット35の資金受取日)が新たな機構団体信用生命保険の保障開始日となります。
  • 住宅ローン返済途中からのご加入はできません。
  • 健康状態によっては、ご加入いただけない場合があります。
  • 機構団体信用生命保険に加入される場合、特約料相当分は月々のフラット35のお支払いに含まれます。別途の特約料のお支払いは不要です。
    なお、健康上の理由その他の事情で機構団体信用生命保険に加入しない場合も、【フラット35】をご利用いただけます。
    その場合の借入金利は、「新機構団信付きの【フラット35】の借入金利-0.2%」です。
    なお、お客さまに万一のことがあった場合、機構団体信用生命保険に加入していないと【フラット35】の残債務を返済する義務が残ります。
    相続が発生した場合には、債務を相続した方に返済していただくこととになり、ご家族に負担を残す可能性があります。
    健康上の理由以外の事情で機構団体信用生命保険に加入しないご予定の方は、ご家族と十分にご検討いただきますようお願いいたします。

(注1)住宅ローンの借入れに際して加入する団信で身体障害状態(身体障害者福祉法に定める身体障がい状態)が保障対象となるのは、国内で初めて(平成29年3月31日現在)となります。(機構団体信用生命保険地域幹事生命保険会社調べ)

◆加入する機構団体信用生命保険に応じた【フラット35】借入金利

加入する機構団体信用生命保険に応じて、【フラット35】の借入金利は異なります。

加入する機構団体信用生命保険 【フラット35】の借入金利
新機構団信 新機構団信付きの【フラット35】の借入金利
(デュエット(夫婦連生団信) 新機構団信付きの【フラット35】の借入金利+0.18%
新3大疾病付機構団信 新機構団信付きの【フラット35】の借入金利+0.24%

旧機構団信とは

死亡 高度障害
  • ご加入者が死亡または高度障害状態になられた場合、残りの住宅ローンが全額弁済されます。
  • 告知日現在、満15歳以上 満70歳未満のかたが対象となります。
  • 最長満80歳までの保障となります。
  •  「デュエット」により、連帯債務者である夫婦おふたりでご加入いただけます。
    特約料はおひとり加入の約1.56倍となります。
    デュエットは、連帯債務者である夫婦おふたりで加入することができる制度です。
    ご夫婦のどちらか一方の加入者が死亡または高度障害状態になられた場合には、住宅の持分や返済額等にかかわらず、残りの住宅ローンが全額弁済され、ローンの返済義務は残りません。
    また、「デュエット」をご利用できるご夫婦とは、戸籍上の夫婦、婚約関係、内縁関係にあるかたです。
    • 旧3大疾病付機構団信でのご利用はできません。また、返済途中でのデュエットへの変更はできません。

旧3大疾病付機構団信とは

死亡 高度障害 3大疾病
  • 死亡・高度障害に加え、3大疾病(がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中)の場合も保障します。
  • 告知日時点で、満15歳以上 満51歳未満が対象です。
  • 旧3大疾病の保障は最長満75歳まで、死亡・高度障害の保障は最長満80歳までとなります。
    • お申込を希望される場合は、申込書をお送りいたしますので、カスタマーセンターまでご連絡ください。
  • 旧3大疾病付機構団信の詳細については機構WEBサイト「3大疾病付機構団体信用生命保険特約制度とは 別ウィンドウで開きます」をご参照ください。

ご注意事項

  • 旧機構団信と旧3大疾病付機構団信はお客さまの任意でいずれかにご加入いただけますが、ご加入いただいたあとの途中変更はできませんので、ご家族でよくご検討のうえお申し込みください。
  • 住宅金融支援機構等を債権者とする住宅ローンをご利用になった際に既に旧機構団信にご加入されている場合には、その加入金額(債務残高)と今回申込みをする旧機構団の加入金額(借入予定額)を合算して、1億円までの場合に限りご加入いただけます。
    借換え前の住宅ローンについてご加入されていた団体信用生命保険(共済)は借換えにより保障が終了します。
    借換え日(フラット35の資金受取日)が新たな機構団体信用生命保険の保障開始日となります
  • 住宅ローン返済途中からのご加入はできません。
  • 健康状態によっては、ご加入いただけない場合があります。
  • ご加入いただいた場合は、特約料は、住宅金融支援機構とご加入者が締結する「機構団信(3大疾病付機構団体信用生命保険)による債務弁済充当契約」に基づきお支払いいただくものです。一般の生命保険料とは異なります。
  • 特約料は、住宅ローン残高等と特約料率により算出した額になります。
  • 特約料は毎年お支払いただきます。
  • 1年目の特約料は、住宅ローンの融資金受取日にお支払いただき、2年目以降の特約料は口座振替または、クレジットカード払いによりお支払いただきます。 特約料率は、ご加入者の増減や年齢構成等により、将来変更される場合があります。
    特約料は、年末調整や確定申告の所得控除(生命保険料控除)の対象になりません。

旧機構団信特約料について

機構団体信用生命保険は特約料として毎年お支払いいただきます。また特約料は、住宅ローン残高等と特約料率により算出した額になります。

CASE

  • 借入額:1,000万円(元利均等返済・毎月返済のみ)
  • ボーナス返済なし借入金利年1.47%
  • 3大疾病特約 付帯無し

(単位:円)

返済期間 1年目 10年目 20年目 30年目 総支払額
15年 35,800 15,400 - - 294,900
20年 35,800 21,800 1,300 - 400,900
25年 35,800 25,600 10,500 - 511,400
30年 35,800 28,100 16,600 1,000 626,500
35年 35,800 29,900 20,800 8,600 745,400
  • 表内の金額はすべて消費税を含んでおりません。
  • 支払額の目安は借入金額1,000万円、元利均等返済、借入金利年1.47%で返済された場合の債務残高で計算した額の一例です。ご加入者の借入方法、借入金額、借入金利等がこれと異なる場合は、この表のとおりにはなりません。
  • 借入金額が2,000万円の場合の特約料は上記特約料目安表の金額の約2倍となります。
  • 特約料率は、ご加入者の増減や年齢構成等により、将来変更する場合があり、返済期間中に特約料率が変更された場合は、その後の特約料も変更となります。
  • 詳細は、住宅金融支援機構ホームページの「機構団信特約料シミュレーション」をご利用ください。
  • デュエット(夫婦連生団信)をご利用の場合のお2人分の特約料は、約1.56倍となります。

お申込

お申込にあたり、各保障の詳細をご確認ください。

その他、関連情報はこちら!

まずは簡単なシミュレーションを試してみませんか? 事前審査のお申込みも可能です