住信SBIネット銀行 SBI Sumishin Net Bank

くりっく365(取引所為替証拠金取引)のリスク

1.お取引きできるかた

当社に口座を開設いただいている個人、法人のお客さまのうち、以下の基準を満たすお客さま

  1. 日本国内に居住し、取引所為替証拠金取引の口座開設時に20歳以上かつ80歳未満の行為能力を有する個人、または日本国内に本店もしくは支店が登記されている法人であること
  2. 当社における取引基準を満たしているかた
  • また、「ご利用いただける方」でも、元本割れのリスクを許容しない投資方針の資金や、借入金・支払の確定している資金からの投資はできませんのでご注意ください。

2.お取引きにおけるリスク

価格変動リスク

取引対象である通貨の価格の変動により損失が生じることがあります。さらに、取引金額がその取引についてお客さまが預託すべき証拠金の額に比して大きいため、相場の状況によっては差し入れた証拠金以上の損失が発生する可能性がありますので、投資を行う際は、十分な余裕資金を持つようにしてください。

お預りしている預託証拠金を超える損失が発生しないようロスカットルールを設けておりますが、相場の急激な変動により預託証拠金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。

相場状況の急変により、ビッド価格とオファー価格のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。

コンバージョンリスク

クロスカレンシー取引においては、決済が当該通貨ではなく、円貨でなされることから、決済時に当該通貨の為替リスクの他に円との為替リスクがあります(コンバージョンリスク)。

金利変動リスク

取引対象である通貨の金利が変動すること等により、保有するポジションのスワップポイントの受取額が減少する可能性、支払額が増加する可能性があります。 また、ポジションを構成する2国間の金利水準が逆転した場合等は、それまでスワップポイントを受取っていたポジションで支払いが発生する可能性があります。

流動性リスク

取引所為替証拠金取引「くりっく365」(以下「くりっく365」といいます)では、マーケットメイカーが買い気配および売り気配を提示し、それに対して投資家がヒットをして取引が成立する方式を取っています。その為、状況(天変地異、戦争、政変あるいは各国為替政策・規制の変更、為替相場の激変等)によって、マーケットメイカーによる買い気配および売り気配の安定的、連続的な提示が難しくなることがあり、その結果、投資家に不測の損失が生じる可能性があります。  また、平常時においても流動性の低い通貨の取引を行う際には、希望する価格での取引ができないなどの不利益を被ることがあります。

信用リスク

「くりっく365」においては、お客さまの取引を受託する当社に対し東京金融取引所が取引の相手方となる「清算制度」を導入しており、お客さまの証拠金は、全額東京金融取引所が分別管理しているため、原則として全て保全されます。ただし「くりっく365」取扱会社である当社の信用状況の変化等により支払いが滞ったり、当社が破綻した場合には、返還手続きが完了するまでの間に時間がかかったり、その他の不測の損失を被る可能性があります。

システム障害リスク

当社および取引所のシステム、または投資家、当社、取引所の間を結ぶ通信回線等に障害が発生した場合等には、相場情報等の配信、注文発注・執行等が遅延したり、不可能になることがあり、その結果、不測の損失が発生する可能性があります。

3.証拠金基準額

「証拠金基準額」を1週間ごと(※)に見直します。「証拠金基準額」が大きく変動する場合は、「必要証拠金額」を変更する場合があります。「証拠金基準額」と「必要証拠金額」は、当社WEBページの必要証拠金等ページに毎週掲示します。

  • 原則、毎週月曜日に発表します。月曜日が銀行休業日の場合は、月曜日の翌銀行営業日に発表します。

4.預金保険制度

外国為替証拠金取引は、預金保険制度の対象ではありません。