ヘルプトップへ戻る

[ ここから本文です ]

取引概要

下記の時間帯でご利用可能です。

アクセス可能時間

  • 日曜日6:00〜土曜日21:00

入金可能時間

【ニューヨークサマータイム期間】

3月第2日曜日〜11月第1日曜日

曜日

入金受付時間帯

入金の反映

月曜日

6:15〜翌暦日5:50

速やかに証拠金預託額に反映

火曜日〜木曜日

7:00〜翌暦日5:50

金曜日

7:00〜翌暦日4:55

土曜日

6:45〜20:55

予約入金額として反映され、翌月曜日6:10以降に証拠金預託額に反映

日曜日

6:05〜翌暦日5:55

【ニューヨークサマータイム以外の期間】

11月第1日曜日の翌日〜3月第2日曜日の前日

曜日

入金受付時間帯

入金の反映

月曜日

6:15〜翌暦日6:50

速やかに証拠金預託額に反映

火曜日〜木曜日

8:00〜翌暦日6:50

金曜日

8:00〜翌暦日5:55

土曜日

7:45〜20:55

予約入金額として反映され、翌月曜日6:10以降に証拠金預託額に反映

日曜日

6:05〜翌暦日5:55

《参考》サマータイム適用時期サマータイム適用時期
  • ※サマータイム適用期間は、各国の事情により変更される場合があります。取引時間帯の切替えがある場合は、取引所為替証拠金取引のホームページでお知らせします。また、海外市場の祝日等の理由で取引時間を変更する場合があります。

  • ※付合せ時間帯の開始時刻から終了時刻までを、1取引日とします。

【ニューヨークサマータイム期間】

3月第2日曜日〜11月第1日曜日

<対円取引>

曜日

注文受付時間帯

うち約定時間帯
(付合せ時間帯)(※2)

月曜日

0:00〜翌暦日5:55

7:10〜翌暦日5:55

火曜日〜木曜日(※3)

6:40〜翌暦日5:55

6:55〜翌暦日5:55

金曜日(※3)

6:40〜翌暦日5:00

6:55〜翌暦日5:00

土曜日(休業日)(※1)

6:40〜21:00

約定は発生しません

日曜日(休業日)(※1)

6:00〜

<クロスカレンシー取引>

曜日

注文受付時間帯

うち約定時間帯
(付合せ時間帯)(※2)

月曜日

0:00〜翌暦日5:55

7:10〜翌暦日5:25

火曜日〜木曜日

6:40〜翌暦日5:55

6:55〜翌暦日5:25

金曜日

6:40〜翌暦日5:00

6:55〜翌暦日4:30

土曜日(休業日)(※1)

6:40〜21:00

約定は発生しません

日曜日(休業日)(※1)

6:00〜

  • ※1 休業日は、土曜日、日曜日、1月1日(1月1日が日曜日の場合は1月2日)です。

  • ※2 約定時間帯は、 新しいウィンドウで開きます。東京金融取引所(くりっく365)の開場時間 に準じます。

  • ※3 火曜日から金曜日の7:55〜8:00(ニューヨークサマータイムは6:55〜7:00)の5分間は、証拠金口座に入金できません。お客さまの証拠金状況によってはご注文いただけない場合がありますので、あらかじめ十分な証拠金をご入金いただくなど、余裕を持ってお取引きください。

【ニューヨークサマータイム以外の期間】

11月第1日曜日の翌日〜3月第2日曜日の前日

<対円取引>

曜日

注文受付時間帯

うち約定時間帯
(付合せ時間帯)(※2)

月曜日

0:00〜翌暦日6:55

7:10〜翌暦日6:55

火曜日〜木曜日(※3)

7:40〜翌暦日6:55

7:55〜翌暦日6:55

金曜日(※3)

7:40〜翌暦日6:00

7:55〜翌暦日6:00

土曜日(休業日)(※1)

7:40〜21:00

約定は発生しません

日曜日(休業日)(※1)

6:00〜

<クロスカレンシー取引>

曜日

注文受付時間帯

うち約定時間帯
(付合せ時間帯)(※2)

月曜日

0:00〜翌暦日6:55

7:10〜翌暦日6:25

火曜日〜木曜日

7:40〜翌暦日6:55

7:55〜翌暦日6:25

金曜日

7:40〜翌暦日6:00

7:55〜翌暦日5:30

土曜日(休業日)(※1)

7:40〜21:00

約定は発生しません

日曜日(休業日)(※1)

6:00〜

  • ※1 休業日は、土曜日、日曜日、1月1日(1月1日が日曜日の場合は1月2日)です。

  • ※2 約定時間帯は、 新しいウィンドウで開きます。東京金融取引所(くりっく365)の開場時間 に準じます。

  • ※3 火曜日から金曜日の7:55〜8:00(ニューヨークサマータイムは6:55〜7:00)の5分間は、証拠金口座に入金できません。お客さまの証拠金状況によってはご注文いただけない場合がありますので、あらかじめ十分な証拠金をご入金いただくなど、余裕を持ってお取引きください。

取引通貨ペアごとに刻み幅が異なります。

通貨ペア

刻み幅

米ドル/ 円
ユーロ/ 円
豪ドル/ 円
南アフリカランド/ 円
ノルウェークローネ/ 円
香港ドル/ 円
スウェーデンクローナ/ 円
0.005円
英ポンド/ 円
スイスフラン/ 円
カナダドル/ 円
NZドル/ 円
トルコリラ/ 円
ポーランドズロチ/ 円
0.01円

ユーロ/ 米ドル
英ポンド/ 米ドル
豪ドル/ 米ドル
NZドル/ 米ドル
米ドル/ カナダドル
英ポンド/ スイスフラン
米ドル/ スイスフラン
ユーロ/ スイスフラン
ユーロ/ 英ポンド
英ポンド/ 豪ドル
ユーロ/ 豪ドル






0.0001通貨

取引が成立した日の2取引日後に、決済注文の決済損益を証拠金口座で決済します。ただし、海外の祝日など日本の営業日と異なる場合には、前後することがあります。
クロスカレンシー取引の決済損益は、取引が成立した日の対円取引の当日清算価格にて円換算した金額となります。

具体例

土曜日午前1時に決済注文が約定した場合、
取引日は金曜日決済日は火曜日となります。

  • 土曜日、日曜日

  • 1月1日(1月1日が日曜日の場合は1月2日)

  • ※東京金融取引所が臨時に休業日を定める場合もあります。

  • ※原則として日本および海外の祝祭日においても取引を行うことができます。

申告分離課税

個人が行った取引所為替証拠金取引で発生した益金(売買による差益及びスワップポイント収益)は、雑所得として所得税15%、住民税5%の税率による申告分離課税となります。ただし、2013年1月1日〜2037年12月31日までは、復興特別所得税として、所得税の額に2.1%を乗じた金額(利益に対しては、0.315%)が追加的に課税されます。
詳しくは、税理士等の専門家にお問合せください。

  • ※税率、課税関係は税法およびその解釈が将来変更されることがあります。

損益通算可能

有価証券先物取引(日経平均先物取引等)や商品先物取引(原油先物、金先物等)で発生した損益を、取引所為替証拠金取引の損益と通算して申告できます。また、2012年1月以降は、税制改正により、当社のOh! FX等の差金等決済をした他の先物取引についても、雑所得として申告分離課税となり、取引所為替証拠金取引の損益等と通算して申告できます。

損益通算可能

損失の3年間繰越控除

その年に控除しきれない損失については、翌年以降3年間にわたり、申告分離課税となる、「先物取引に係る雑所得等」の金額から繰越控除できます。
ただし、損失の繰越控除を受けるためには、損失が発生した年について確定申告をする必要があり、その後も、取引がなかった年を含め年間の取引の損益に関わらず、毎年連続して確定申告をする必要があります。

損失の3年間繰越控除

ご注意事項

  • 掲載された各情報について万全を期しておりますが、その正確性や完全性を保証するものではなく、また最新のものではない可能性があります。税制の改正などが行われた際には、掲載内容が予告なく変更となる可能性があります。最新情報については、国税庁、税務署などの関連情報をご確認ください。

  • 掲載された税制・情報については、税金における一般的な説明を目的としたものです。税金に関してはお客さまの状況により異なりますので、税務署や税理士等の専門家に詳細をご相談のうえ、確認できますようお願いします。