ヘルプトップへ戻る

[ ここから本文です ]

注文方法

価格を指定しない注文方法です。その時点の為替レートにて約定します。付合せ時間帯に発注できます。

あらかじめ価格を指定し、指定した価格またはそれよりも有利な価格にて約定させる注文方法です。注文受付時間帯に発注できます。 有効期間は、「当日」「週末」「無期限」「日時指定」から選択いただきます。(有効期間内までに約定しない場合、注文は無効)
一般的に現在の為替レートより有利な価格を指定して注文する場合に利用されます。

買付の指値注文 具体例

具体例買付の指値円→米ドルの【売気配】(買付レート)120.00円のとき、118.00円の指値で買付の注文をする場合

  • ⇒【売気配】(買付レート)が118.00円以下になると約定します。

売却の指値注文 具体例

具体例売却の指値円→米ドルの【買気配】(売却レート)120.00円のとき、122.00円の指値で売却の注文をする場合

  • ⇒【買気配】(売却レート)が122.00円以上になると約定します。

あらかじめトリガ価格を指定し、為替レートが指定したトリガ価格以上に上昇したときに買の成行注文、指定したトリガ価格以下に下落したときに売の成行注文が発注される予約注文です。 注文受付時間帯に発注できます。有効期間は、「当日」「週末」「無期限」「日時指定」から選択いただきます。(有効期間内までに約定しない場合、注文は無効)
一般的に現在の為替レートより不利な価格を指定して注文する場合に利用され、損失の拡大を防ぐためなどに利用されます。

買付のトリガ注文 具体例

具体例:買付のトリガ成行円→米ドルの【売気配】(買付レート)120.00円のとき、122.00円のトリガで買付の注文をする場合

  • ⇒【売気配】(買付レート)が122.00円以上になった時点で、買付注文が発注されます。

売却のトリガ注文 具体例

具体例:売却のトリガ成行円→米ドルの【買気配】(売却レート)120.00円のとき、118.00円のトリガで売却の注文をする場合

  • ⇒【買気配】(売却レート)が118.00円以下になった時点で、売却注文が発注されます。

  • ※トリガ注文において、買いのトリガ価格をその時点の実勢価格より低い価格で指定した場合、および売りのトリガ価格を実勢価格より高い価格で指定した場合には、その時点の実勢レートにより成行注文となります。

あらかじめ価格を指定し、トリガ注文を出す際に設定できる機能です。価格の動きにあわせてトリガ価格が自動的に変更されます。

トレール機能とは

トリガ注文を出す際に設定できる機能です。価格の動きにあわせてトリガ価格が自動的に変更されます。

買い注文の例

現在の米ドル/円の価格が85円。

現在、85円の売り建玉を保有している。
86円以上になったら損切りとなる買いトリガ注文を出しておきたい。
ただし、値段が予想通りに下がるようであれば、価格から1円上に離れたところにトリガ注文を自動的に出し直したいと考えた場合。

⇒この場合、85円の価格の時点でトレール値幅を1円と設定して、トリガ注文を出すことにより、下図のように約定します。

トレール機能 買い注文の例

売り注文の例

現在の米ドル/円の価格が85円。

現在、85円の買い建玉を保有している。
84円以下になったら損切りとなる売りトリガ注文を出しておきたい。
ただし、値段が予想通りに上がるようであれば、価格から1円下に離れたところにトリガ注文を自動的に出し直したいと考えた場合。

⇒この場合、85円の価格の時点でトレール値幅を1円と設定して、トリガ注文を出すことにより、下図のように約定します。

トレール機能 売り注文の例

OCOとはOne Cancels the Otherの略で、指値注文とトリガ注文を併せて発注し、一方の注文が成立した場合にもう一方の注文が自動的にキャンセルされる注文手法です。あるポジションに対して、利益確定あるいは損失限定の注文を同時に発注したいときに利用されます。

2種類の買付の例

たとえば、現在の円→米ドルの【売気配】(買付レート)が1米ドル120.00円で、「1米ドル118.00円の指値で買付したいが、1米ドル122.00円を超えたらさらに円安が進むだろう」と予測した場合に、「1米ドル118.00円以下になったら指値で買付、または1米ドル122.00円以上になったらトリガで買付」といった注文を一度に出すことができます。

具体例

具体例:OCO2種類の買付円→米ドルの【売気配】(買付レート)120.00円のとき、118.00円の指値で買付の第1注文、122.00円のトリガで買付の第2注文をする場合

  • ⇒【売気配】(買付レート)が118.00円以下になった時点で、第1注文の買付注文が成立し、第2注文の買付注文は取消されます。また、【売気配】(買付レート)が122.00円以上になった時点で、第2注文の買付注文が成立し、第1注文の買付注文は取消されます。

2種類の売却の例

たとえば、1米ドル120.00円の買ポジションを保有しており、現在の円→米ドルの【買気配】(売却レート)が1米ドル120.00円で、「1米ドル122.00円の指値で売却したいが、1米ドル118.00円より下落したらさらに円高が進むだろう」と予測した場合に、「1米ドル122.00円以上になったら指値で売却、または1米ドル118.00円以下になったらトリガで売却」といった注文を一度に出すことができます。

具体例

具体例OCO2種類の売却円→米ドルの【買気配】(売却レート)120.00円のとき、122.00円の指値で売却の第1注文、118.00円のトリガで売却の第2注文をする場合

  • ⇒【買気配】(売却レート)が122.00円以上になった時点で、第1注文の売却注文が成立し、第2注文の売却注文は取消されます。また、【買気配】(売却レート)が118.00円以下になった時点で、第2注文の売却注文が成立し、第1注文の売却注文は取消されます。

新規注文(IF注文)が成立したら、決済注文(Done注文)が有効になる注文方法です。
「買付後売却」・「売却後買付」があり、それぞれ指値・トリガのいずれかを指定できます。

買付後売却の例

たとえば、円→米ドルの取引で、「1米ドル118.00円で米ドルを買付し、1米ドル122.00円になったら米ドルを売却する」といった指値注文を一度に出すことができます。

具体例

具体例:IFD買付後売却円→米ドルの【売気配】(買付レート)120.00円のとき、118.00円の指値で買付の第1注文、122.00円の指値で売却の第2注文をする場合

  • ⇒【売気配】(買付レート)が118.00円以下になった時点で、買付注文が成立します。その後、【買気配】(売却レート)が122.00円以上になった時点で売却注文が成立します。

具体例

具体例:IFD買付後売却円→米ドルの【売気配】(買付レート)120.00円のとき、122.00円のトリガで買付の第1注文、124.00円の指値で売却の第2注文をする場合

  • ⇒【売気配】(買付レート)が122.00円以上になった時点で、買付注文が成立します。その後、【買気配】(売却レート)が124.00円以上になった時点で売却注文が成立します。

売却後買付の例

たとえば、米ドル→円の取引で、「1米ドル122.00円で米ドルを売却し、1米ドル118.00円になったら米ドルを買い戻しする」といった指値注文を一度に出すことができます。

具体例

具体例:IFD売却後買付円→米ドルの【買気配】(売却レート)120.00円のとき、122.00円の指値で売却の第1注文、118.00円の指値で買付の第2注文をする場合

  • ⇒【買気配】(売却レート)が122.00円以上になった時点で、売却注文が成立します。その後、【売気配】(買付レート)が118.00円以下になった時点で買付注文が成立します。この場合は、先に【売気配】(買付レート)が118.00円になったとしても、注文は成立しません。

具体例

具体例:IFD売却後買付円→米ドルの【買気配】(売却レート)120.00円のとき、118.00円のトリガで売却の第1注文、116.00円の指値で買付の第2注文をする場合

  • ⇒【買気配】(売却レート)が118.00円以下になった時点で、売却注文が成立します。その後、【売気配】(買付レート)が116.00円以下になった時点で買付注文が成立します。

IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文手法です。新規注文(IF注文)が成立した時点で、次に決済注文(Done注文)としてOCO注文が発注されます。

具体例

具体例:IFD買付後売却円→米ドルの【売気配】(買付レート)122.00円のとき、120.00円の指値で買付のIF注文、Done注文として122.00円の指値で売却のOCO第1注文、118.00円のトリガで売却のOCO第2注文をする場合

  • ⇒【売気配】(買付レート)が120.00円以下になった時点で、買付注文が成立します。その後、【買気配】(売却レート)が122.00円以上、または118.00円以下になった時点で売却注文が成立します。

最初の注文が約定すると、予約しておいた次の注文が自動的に発注される注文です。「米ドル/ 円」の新規の買い指値注文が約定したら、ユーロ/ 円の新規買トリガ注文を発注したい」というときなどに使います。
If Done 注文と異なり、通貨ペアや新規/決済に関係なく次の注文を予約することができます。

常に提示されている【買気配】値、および【売気配】値を同時に表示し、【買気配】値、あるいは【売気配】値をクリックすることによって、その時点の提示価格で取引を成立させる注文手法です。【売】のレート表示部分をクリックすると「売り注文」、【買】のレート表示部分をクリックすると「買い注文」が発注されます。付合せ時間帯に発注できます。
スリッページの設定が可能です。

ストリーミング注文

指値またはトリガ注文を発注する際、基準価格(※1)から乖離した価格での注文は発注できません。

一度発注した注文取引の注文価格が、週初の6:10(※)に注文受付可能幅(プライスリミット)を超過している場合は、注文を取消させていただきます。取消された場合は、注文履歴の注文種別に「発注エラー」と表示されます。 (※)東京金融取引所では約定時間帯開始(7:10)前にプレオープン時間帯(6:10〜7:10)を設けており、プレオープン開始時に注文中の注文の注文受付可能幅(プライスリミット)の再確認を行います。

  • ※1 基準価格=原則として、ご注文時の【売気配】と【買気配】の中心値のこと

通貨ペア

基準価格に対する注文受付可能幅

買指値/売トリガ

売指値/買トリガ

米ドル/円

基準価格 +3 円

基準価格 −3 円

ユーロ/円

基準価格 +4 円

基準価格 −4 円

英ポンド/円

基準価格 +5 円

基準価格 −5 円

豪ドル/円

基準価格 +3 円

基準価格 −3 円

スイスフラン/円

カナダドル/円

NZドル/円

トルコリラ/ 円

基準価格 +1.8 円

基準価格 −1.8 円

ポーランドズロチ/ 円

基準価格 +1.6 円

基準価格 −1.6 円

南アフリカランド/ 円

基準価格 +0.7 円

基準価格 −0.7 円

ノルウェークローネ/ 円

香港ドル/ 円

基準価格 +0.5 円

基準価格 −0.5 円

スウェーデンクローナ/ 円

基準価格 +0.6 円

基準価格 −0.6 円

ユーロ/ 米ドル

基準価格
+0.04 米ドル

基準価格
−0.04 米ドル

英ポンド/ 米ドル

基準価格
+0.05 米ドル

基準価格
−0.05 米ドル

豪ドル/ 米ドル

基準価格
+0.03 米ドル

基準価格
−0.03 米ドル

NZドル/ 米ドル

基準価格
+0.03 米ドル

基準価格
−0.03 米ドル

米ドル/ カナダドル

基準価格
+0.03 カナダドル

基準価格
−0.03 カナダドル

英ポンド/ スイスフラン

基準価格
+0.05 スイスフラン

基準価格
−0.05 スイスフラン

米ドル/ スイスフラン

基準価格
+0.03 スイスフラン

基準価格
−0.03 スイスフラン

ユーロ/ スイスフラン

基準価格
+0.04 スイスフラン

基準価格
−0.04 スイスフラン

ユーロ/ 豪ドル

基準価格
+0.04 豪ドル

基準価格
−0.04 豪ドル

英ポンド/ 豪ドル

基準価格
+0.05 豪ドル

基準価格
−0.05 豪ドル

ユーロ/ 英ポンド

基準価格
+0.04 英ポンド

基準価格
−0.04 英ポンド

ご注意事項

  • 『基準価格に対する注文受付可能幅』は、市場実勢から大幅に乖離する価格での注文を、誤入力防止の観点から制限する仕組みです。注文受付可能幅を超過する指値注文、トリガ注文は受付けません。
    なお、この注文受付可能幅は市場実勢の急激な変動等に伴い、取引の停止を発動するための仕組みではありません。

  • ※OCO注文、IFD注文、IFO注文については、「成行」の選択はできません。

  • ※IFD注文、IFO注文においては、IF注文を取り消した場合は、Done注文も取消しとなります。

  • ※OCO注文では、一方の注文が成立すると、もう一方の注文は自動的に取消しとなります。

  • ※IFD注文、OCO注文、IFO注文の場合、および該当注文が全量成立している場合、注文の変更はできません。

  • ※成行注文やストリーミング注文は取消しできません。