ヘルプトップへ戻る

[ ここから本文です ]

申込み

  • ※フラット35とあわせてミスターパッケージローンのお申込み・お借入れをされる場合も、以下のご注意事項、借入条件内容をご確認ください。ミスターパッケージローンについて特段の記載が無い事項は、フラット35と同じ条件となります。

申込みから借入れまでの流れとご注意事項は以下をご確認ください。

フラット35の申込みから借入れまでの全体の流れ(フラット35)

次の条件を全て満たす個人のお客さま

  • ・ お申込時の年齢が満70歳未満であること
    • ※親子リレー返済を利用される場合は、満70歳以上のかたもお申込みいただけます。
    • ※ミスターパッケージローンをご利用される場合は、お借入時の年齢が満20歳以上満65歳以下で、完済時年齢が満80歳未満のかたがお申込みいただけます。
  • ・ 日本国籍のかた、または日本で永住許可を取得している外国人のかた
    • ※お申込みの場合には、在留資格の記載がある所定の本人確認書類をご提出いただきます。
  • ・ 年収に占める全てのお借入の年間返済割合が次の基準を満たすかた
年収
基準
400万円未満の場合
30%以下
400万円以上の場合
35%以下
  • ※全てのお借入とは、お申込みいただくフラット35、ミスターパッケージローンを含む、その他の住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、カードローン等のお借入をいいます。
  • ※年収については、原則としてお申込み年度の前年の収入を証する公的証明書に記載された金額となります。
  • ※お申込みされるかたは、連帯債務者になるかたを含めて2名までとする必要があります。
  • ※住宅に設置する太陽光発電設備から得られる売電収入額を年間収入額に加算できる場合があります。詳しくは住宅金融支援機構のWEBサイト「太陽光発電の売電収入について」をご確認ください。

【借換融資の場合は以下の要件が追加となります】

  • ・ お借換えの対象となる住宅ローンの債務者と借換融資の申込人が同一であること
    • ※ただし、お借換えに伴い債務者を追加することができます。(債務者は2名まで)
    • ※債務者を追加する場合やお借換えに伴い住宅等の持分を変更する場合の住宅ローン控除の取扱いなど税金に関しては、最寄りの税務署等へご確認ください。
  • ・ お借換えの対象となる住宅及びその敷地を共有している場合は、お申込みご本人が共有持分を持っていること等の要件があります。
  • ・ 住宅取得時にお借入れになった住宅ローンのお借入れ日(金銭消費貸借契約締結日)から借換融資のお申込日まで1年以上経過しているかた
  • ・ 借換融資のお申込日の前日までの直近1年間(12回分)の返済状況が良好であるかた
    • ※相続等で債務者が変更(債務者の追加を除きます。)となった場合は、当該変更の日(債務者の変更登記の原因日等)となります。
  • ※借換融資では、【フラット35S】およびミスターパッケージローンは利用できません。

夫婦・親子等で申込みの場合

ご夫婦や親子などお二人で住宅ローンを申込む際には、収入合算でのお申込みや親子リレー返済でのお申込みが可能です。

※ミスターパッケージローンをあわせてお借入の場合、親子リレー返済は利用できません。

【収入合算】

・ 収入合算とは
ご融資が可能かどうか、収入に占める返済割合を計算する際に、お申込みご本人の収入に、同居される親族(直系親族または配偶者)のかた(1名のみ)の収入を合計することです。

・ 収入合算できるかた
お申込みご本人の収入では総返済負担率の基準に満たない場合は、次の(1)〜(4)までの全ての条件にあてはまるかたおひとりの収入を合算する事ができます。

  • (1) お申込みご本人の親、子、配偶者
  • (2) お申込時の年齢が満70歳未満のかた
  • (3) お申込みご本人と同居されるかた
    • ※ご親族がお住まいになるための住宅の場合は、お借入の対象となる住宅に入居されるかたも収入合算できます。
    • ※セカンドハウス・ご親族がお住まいになるための住宅の場合は、お申込みご本人と収入を合算するかたが同居する必要がない場合があります。
  • (4) 連帯債務者になることができるかた(1名のみ)
    • ※ミスターパッケージローンをあわせてお借入の場合、フラット35の連帯債務者はミスターパッケージローンの連帯保証人となります。

・ 収入合算できる金額
収入合算者の年収の全額まで可能です。ただし、合算額が収入合算者の年収の50%を超える場合は、お借入期間が短くなる場合があります。(下記の例(2)参照)

・ 収入合算した場合のお借入期間の上限
親子リレー返済をご利用される場合は、下記に関わらず後継者の年齢を基に計算します。

お借入期間= 80歳−「次の(1)または(2)のうち年齢が高いかたのお申込時の年齢(1歳未満切上げ)」

(1)お申込みご本人
(2)合算額が年収の50%を超える場合の収入合算者

  • 例) お申込みご本人(30歳)の年収が400万円、
    収入合算者(55歳)の年収が500万円の場合
  • (1) 合算額を250万円(500万円の50%)以下とする場合は、お申込みご本人の年齢31歳(1歳未満は切上げ)が基準となるため、お借入期間は35年が最長となります。
  • (2) 収入合算者の年収(500万円)を全額合算することがきます。この場合、収入合算者の年齢56歳(1歳未満切上げ)が基準となるため、お借入期間は24年が最長となります。

【親子リレー返済】

・ 親子リレー返済とは
次の全ての要件にあてはまるかたを後継者としていただく場合に、お申込みご本人の年齢が満70歳以上でもお申込みいただける返済方法です。
お申込みご本人の年齢に関わらず、後継者のお申込時の年齢を基に、お借入期間を最長35年まで設定いただけます。

※ミスターパッケージローンをあわせてお借入の場合、親子リレー返済はご利用いただけません。

  • (1) お申込みご本人の子・孫等(お申込みご本人の直系親族)またはその配偶者で安定継続した収入のあるかた。
    • ※申込本人の子供の配偶者も親子リレー返済の後継者になることができます。
  • (2) お申込時の年齢が満70歳未満のかた
  • (3) 連帯債務者になることができるかた(1名のみ)

借入金額

借換
  • ・ 100万円以上8,000万円以下(1万円単位)
  • ・ 「お借換の対象となる住宅ローンの残高」または「機構による担保評価の額の200%」のいずれか低い額
    • ※「お借換の対象となる住宅ローンの残高」には、借換えにかかる諸費用を含むことができます。詳しくは「借入条件詳細」の項目をご参照ください。
    • ※借換融資ではミスターパッケージローンは利用できません。
借換以外
  • ・ 100万円以上8,000万円以下(1万円単位)
    • ※諸費用も含むことができます。詳しくは「借入条件詳細」の項目をご参照ください。
    • ※ミスターパッケージローンの融資金額はフラット35とあわせて8,000万円以下(1万円単位)で、建設費または購入価格(非住宅部分に関するものを除きます。)の10%以内です。

借入期間

15年(ただし、お申込みご本人または連帯債務者の年齢が満60歳以上の場合は10年)以上で、かつ、次の(1)または(2)のいずれか短い年数(1年単位)が上限となります。

借換
  • (1)80歳 − お申込時の年齢(1年未満切上げ)
    • ※年収の50%を超えて合算した収入合算者がいる場合は、お申込みご本人と収入合算者のうち、高いほうの年齢を基準とします。
    • ※親子リレー返済をご利用される場合は、後継者のかたの年齢を基準とします。
  • (2)35年 − 住宅取得時にお借入になった住宅ローンの経過期間(1年未満切上げ)
    • ※住宅取得時にお借入になった住宅ローンのお借入日から借換融資の申込日までの経過期間をいいます。
借換以外
  • (1)80歳 − お申込時の年齢(1年未満切上げ)
    • ※年収の50%を超えて合算した収入合算者がいる場合は、お申込みご本人と収入合算者のうち、高いほうの年齢を基準とします。
    • ※親子リレー返済をご利用される場合は、後継者のかたの年齢を基準とします。
  • (2)35年
  • ※(1)または(2)のいずれか短い年数が15年(お申込みご本人または連帯債務者の年齢が満60歳以上の場合は10年)より短くなる場合は、お借入の対象となりません。
  • ※20年以下のお借入期間を選択された場合、原則としてご返済の途中でお借入期間を21年以上に変更することができません。
  • ※ミスターパッケージローンの返済期間はフラット35と同一期間になります。

資金使途

【フラット35(借換)】

※借換融資ではミスターパッケージローンは利用できません。

次のいずれかの住宅ローンのお借換え

◎お申込みご本人が所有し、かつ、お住まいになる住宅の建設または購入のための住宅ローン

※セカンドハウス(単身赴任先の住宅、週末等を過ごすための住宅等で賃貸していないもの)として、お申込みご本人が所有し、かつ、お申込ご本人がご利用いただく場合も借換融資の対象となります。

◎お申込みご本人が所有し、かつ、ご親族がお住まいになる住宅の建設または購入のための住宅ローン

※多目的ローンや投資用ローンなどの住宅ローン以外のローン及び住宅のリフォームのための住宅ローンのお借換えには利用できません。

◎以下の諸費用

  • 1. 金銭消費貸借契約書に貼付する印紙代(印紙税)
  • 2. 【フラット35】借換融資を利用する際の事務取扱手数料
  • 3. 抵当権の設定及び抹消のための費用(登録免許税)
  • 4. 抵当権の設定及び抹消のための司法書士報酬
  • 5. 旧機構団体信用生命保険の特約料(初年度分のみ)
  • 6. 適合証明検査費用(物件検査手数料)
【フラット35(借換以外)、ミスターパッケージローン】

◎お申込みご本人またはご親族がお住まいになるための新築住宅の建設・購入資金または中古住宅の購入資金

※リフォームのための資金には利用できません。

  • 1. 親族居住用住宅の対象者について
    お申込人またはその配偶者の父母、祖父母、子、孫など(その配偶者も含む)
  • 2. セカンドハウスのお申込みについて
    生活の拠点としている現在のお住まいの他に、週末などにご自分でご利用(居住)する住宅を取得する際にもフラット35、ミスターパッケージローンがご利用いただけます。
    ご利用いただけるかた、対象となる住宅、融資額、融資期間等のご融資の条件は、お申込みいただくご本人がお住まいになる住宅の場合と同じです。

◎以下の諸費用

  • 1. 設計費用、工事管理費用(住宅建設のみ)
  • 2. 敷地の測量、整地のための費用(住宅建設のみ)
  • 3. 敷地内の既存家屋等の取り壊し、除去の費用(住宅建設のみ)
  • 4. 住宅への据え付け工事を伴う家具を購入する費用(住宅建設のみ)
  • 5. 新築住宅を購入する際の内装変更、設備設置のための工事費用(住宅購入のみ)
  • 6. 新築住宅の外構工事費用
  • 7. 請負(売買)契約書に貼付された印紙代(お客さまご負担分)
  • 8. 水道負担金
    • ※支払日がお申込み日の前々年度の4月1日以降のものに限ります。
  • 9. 建築確認・中間検査・完了検査申請費用(住宅建設のみ) ※注
  • 10.住宅性能評価検査費用(住宅建設のみ) ※注
  • 11.適合証明検査費用 ※注
  • 12.長期有料住宅認定関係費用
    • ※登録住宅性能評価機関への審査依頼費用および所管行政庁への認定申請手数料が対象となります。
  • 13.住宅省エネラベル適合性評価申請手数料 ※注
  • 14.認定低炭素受歌うの認定関係費用 ※注
    • ※登録建築物調査機関または登録住宅性能評価機関への審査依頼費用および所管行政庁への認定申請手数料が対象となります。

※注 領収書のあて先がお申込みご本人である場合等、お申込みご本人が直接申請先へお支払いされた場合に対象となります。

借入物件

【取扱い地域】

日本国内全域

ただし、離島(※)、保留地、共有仮換地にある物件についてはお取扱いしておりません。
※沖縄本島、淡路島は対象となります。

【借入対象の物件】
  • ・ 住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合している住宅
  • ・ 住宅の床面積が以下の住宅
    一戸建て住宅、連続建て住宅、重ね建て住宅 : 70m2以上
    共同建ての住宅(マンションの場合) : 30m2以上
    • ※店舗付き住宅などの併用住宅の場合は、住宅部分の床面積が非住宅部分(店舗・事務所等)の床面積以上であることが必要です。
  • ・ 敷地面積の要件はありません。
■新築住宅
  • ・ 建設費(建設に併せて取得した土地の購入費を含めることができます。)または購入価額が1億円以下(消費税含む)
  • ・ お申込み時点において竣工から2年以内の住宅で人が住んだことのない住宅

土地購入資金のご注意事項

  • (1)土地の購入日が、お申込日の前々年度の4月1日以降であることが必要です。
    • ※土地の購入日とは、所有権移転登記日となります。
    • ※土地を購入済みの場合であっても、お借入額は土地の購入費と建設費の合計金額以内です。
  • (2)土地の購入費のみに対するお借入れはできません。
  • (3)土地の購入費に対するお借入れのみ先に行うことはできません。建設費のお借入れと同時に行います。
  • (4)併用住宅(店舗、事務所等を併せ持つ住宅)の場合は、住宅部分の割合に応じて土地の購入費を計算します。

※注文住宅の場合で、住宅竣工前に土地購入資金のお支払が必要なときは、一旦自己資金をご用意いただくか他のローンをご利用いただくなどの必要があります。
なお、他のローンを利用して土地を取得される場合、ローン残高ではなく、土地の取得に要した売買金額が【フラット35】の融資対象となります。

■中古住宅
  • ・ 購入価額が1億円以下(消費税含む)
  • ・ お申込み時点において、竣工から2年を超えている住宅。または既に人が住んだことのある住宅

ご注意事項

建築確認日が昭和56年5月31日(建築確認日が確認できない場合にあっては、新築年月日(表示登記における新築時期)が昭和58年3月31日)以前の場合、住宅金融支援機構の定める耐震評価基準等に適合していることを確認する必要があります。

■お借換え
  • ・ 住宅取得時にお借入れになった住宅ローンのお借入額が、次の1及び2の要件を満たす必要があります。
    • 1. 8,000万円以下であること。
    • 2. 住宅の建設費または購入価額(※1 ※2)の100%以内であること。
      • ※1 土地取得費がある場合は、その費用を含みます。
      • ※2 住宅取得時に諸費用を含めた住宅ローンをお借入れで、住宅の建設費または購入価額の100%を超える場合、借換えの対象となる住宅ローンの借入申込日時点の残元金額が100%以下となっていれば要件を満たすこととなります。
  • ・ 住宅の建設費または購入価額(土地取得費がある場合はその費用を含みます。)が1億円以下(消費税含む)であること
  • ・ 住宅の床面積※が、次の住宅であること。
    一戸建て住宅、連続建て住宅、重ね建て住宅の場合 : 70m2以上
    共同建ての住宅(マンションなど)の場合 : 30m2以上
    • ※店舗付き住宅などの併用住宅の場合は、住宅部分の床面積が非住宅部分(店舗、事務所等)の床面積以上であることが必要です。
  • ・ 住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合している住宅であること。
  • ・ 敷地面積の要件はありません。
  • ※借換融資ではミスターパッケージローンは利用できません。

担保提供者

購入物件を共有される場合、共有者のかたには担保提供者となっていただき、共有物件を担保として提供していただく必要があります。
また土地所有者と建物所有者が違う場合なども、担保提供者が必要な場合があります。たとえば、親族の土地に住宅を新築する場合、住宅ローンのお申込みにあたっては建物だけでなく土地にも住宅金融支援機構を第一順位とする抵当権を設定させていただきます。土地の所有者のかた(この場合は親族)は担保提供者になっていただき、土地を担保として提供していただく必要があります。
なお、同居親族でない場合でも、担保提供者になることができます。

※ご本人からみた「担保提供者」の範囲は以下の通りです。

担保提供者の範囲
  • ・ 申込本人の配偶者(内縁関係にあるかたおよび婚約者を含む)
  • ・ 申込本人の親族または申込人の配偶者の親族
    • ※親族とは6親等以内の血族および3親等以内の姻族です。
    • ※申込本人の内縁関係にあるかたおよび婚約者の親族は含みません。

※婚約者が担保提供者となる場合は、原則借入実行前に入籍が必要です。

所要資金

  • ・ 消費税相当額を含みます。
  • ・ 店舗付き住宅の場合は、店舗部分の金額を除いたものを入力してください。
  • ・ 諸費用分もお借入をご希望の場合は、諸費用分を上乗せした金額を入力してください。

■注文住宅の場合

建設費・購入価額

請負契約書に記載の請負金額を入力してください。

土地取得費

<土地取得費を希望する場合>

(今回の借入で土地の購入ローンの完済をする場合を含む)

  • ・ 土地を購入予定のかたは購入予定金額を入力してください。
  • ・ 土地を既に購入されているかたは、取得時の購入金額を入力してください。

<土地取得費を希望しない場合>

  • ・ 土地取得費を含めると所要資金が1億円を超える場合は、0円と入力してください。
  • ・ 自己資金のみで土地を取得される場合は、0円と入力してください。
  • ・ 他の借入、他の借入+自己資金で土地を取得する場合は、購入予定価格を入力してください。

■戸建購入の場合

建設費・購入価額

売買契約金額のうち建物価額を入力してください。

土地取得費

売買契約金額のうち土地価額を入力してください。

■マンション購入の場合

建設費・購入価額

売買契約書に記載の売買金額を入力してください。

土地取得費

0円と入力してください。

■借換えの場合

建設費・購入価額

お申込み時点のお借換えの対象となる住宅ローンの残高(お借換え対象の住宅ローンが複数ある場合は残高の合計金額)を入力してください。

土地取得費

0円と入力してください。

借入額

■フラット35
借入希望金額について住宅部分、土地部分の金額をそれぞれ1万円単位で入力してください。

■ミスターパッケージローン
借入希望金額を1万円単位で入力してください。

返済期間

■フラット35
返済期間を15年以上(お申込時の年齢が60歳以上の場合は10年以上)35年以内で、1年単位の期間を入力してください。

■ミスターパッケージローン
返済期間はフラット35と同一期間になります。

その他借入内容

今回取得する住宅等の所要資金のうち、フラット35・ミスターパッケージローン以外でお借入れをされる場合、該当する項目へ借入金額、返済期間、年間返済額の1/12の金額を入力してください。

※借入が無い場合は、0万円、0年、0円と入力してください。

住宅新築後も返済を要する土地取得費の借入金

土地を既に購入したかたで、土地の購入ローンをご返済中のかたのみ、ローンの残高を入力してください。なお、今回の借入により土地の購入ローンを全額返済する場合は、「0円」と入力してください。

※借入が無い場合は、0万円、0年、0円と入力してください。

手持金

今回取得する住宅等の所要資金のうち、自己資金として拠出する金額を入力してください。

今回の住宅取得以外の借入内容

お申込人または収入合算者が借入名義人である今回の住宅取得以外の借入がある場合は入力してください。

画面上で入力できる文字には制限があります。画面上の注意書きをお読みのうえで入力してください。

  • 当社で登録可能な郵便番号は、日本郵便の「郵便番号検索」の公開データのみとなります。
    「事業所の個別番号検索」の公開データは含まれませんので、所在地の該当する郵便番号で登録いたします。
    入力の際は以下の方法でお願いいたします。
    1. 日本郵便のホームページで所在地の郵便番号を検索
    2. ビル名等以下は住所2に入力

  • 小書き用のカナ(ァ〜ォ、ャ、ュ、ョ、ッ)を入力すると大きいカタカナ(ア〜オ、ヤ、ユ、ヨ、ツ)に変換して登録します。
    「ヲ」を入力すると「オ」に変換して登録します。
    長音「ー」を入力すると「−(ハイフン)」に変換して登録します。

  • 半角のカナはWEBサイトでは入力できません。
    番地等を入力される際の数字やハイフン「−」などの記号も、全角でご入力いただく必要があります。