ヘルプトップへ戻る

[ ここから本文です ]

注文方法

価格を指定しない注文方法です。注文発注時点の為替レートで約定する注文です。確認画面における表示レートは「参考レート」であるため、必ずしも約定するレートと同じとは限りません。

あらかじめ価格を指定し、指定した価格(指値)またはそれより有利な価格にて約定します。指値注文の場合、画面に表示されているレートに関わらず、「注文後に新たに配信されるレート」 が指値となった場合に約定します。指値注文をお受けしたタイミングによっては、画面上に当該指値が表示されていても、そのレートが注文後に新たに配信されたレートでない可能性もございます。その場合、再度その指値に到達するまで注文は約定しません。有効期間は、最長1ヵ月先まで選択できます。(有効期間内までに約定しない場合、注文は無効)
一般的に現在の為替レートより有利な価格を指定して注文する場合に利用されます。

買付の指値注文 具体例

具体例買付の指値円→米ドルの買(Ask)(買付レート)120.00円のとき、118.00円の指値で買付の注文をする場合

  • ⇒買(Ask)(買付レート)が118.00円以下になると約定します。

売却の指値注文 具体例

具体例売却の指値円→米ドルの売(Bid)(売却レート)120.00円のとき、122.00円の指値で売却の注文をする場合

  • ⇒売(Bid)(売却レート)が122.00円以上になると約定します。

あらかじめ価格を指定し、指定した価格以上に価格が上昇したときに買の成行注文、指定した価格以下に価格が下落したときに売の成行注文が発注される予約注文のことです。なお、指定した価格で約定するとは限りません。
一般的に現在の為替レートより不利な価格を指定して注文する場合に利用され、損失の拡大を防ぐためなどに利用されます。

買付の逆指値注文 具体例

具体例:買付の逆指値円→米ドルの買(Ask)(買付レート)120.00円のとき、122.00円のトリガーで買付の注文をする場合

  • ⇒買(Ask)(買付レート)が122.00円以上になった時点で、買付注文が発注されます。

売却の逆指値注文 具体例

具体例:売却の逆指値円→米ドルの売(Bid)(売却レート)120.00円のとき、118.00円のトリガーで売却の注文をする場合

  • ⇒売(Bid)(売却レート)が118.00円以下になった時点で、売却注文が発注されます。

OCOとは One Cancels the Other の略で、同時に2つの注文を発注しておき、どちらか一方が約定したらもう一方の注文は自動的に取消される注文方法です。ある建玉に対して、利益確定あるいは損失限定の注文を同時に発注したいときなどに利用されます。

2種類の買付の例

たとえば、現在の円→米ドルの買(Ask)(買付レート)が1米ドル120.00円で、「1米ドル118.00円の指値で買付したいが、1米ドル122.00円を超えたらさらに円安が進むだろう」と予測した場合に、「1米ドル118.00円以下になったら指値で買付、または1米ドル122.00円以上になったら逆指値で買付」といった注文を一度に出すことができます。

具体例

具体例:OCO2種類の買付円→米ドルの買(Ask)(買付レート)120.00円のとき、118.00円の指値で買付の第1注文、122.00円の逆指値で買付の第2注文をする場合

  • ⇒買(Ask)(買付レート)が118.00円以下になった時点で、第1注文の買付注文が成立し、第2注文の買付注文は取消されます。また、買(Ask)(買付レート)が122.00円以上になった時点で、第2注文の買付注文が成立し、第1注文の買付注文は取消されます。

2種類の売却の例

たとえば、1米ドル120.00円の買ポジションを保有しており、現在の円→米ドルの売(Bid)(売却レート)が1米ドル120.00円で、「1米ドル122.00円の指値で売却したいが、1米ドル118.00円より下落したらさらに円高が進むだろう」と予測した場合に、「1米ドル122.00円以上になったら指値で売却、または1米ドル118.00円以下になったら逆指値で売却」といった注文を一度に出すことができます。

具体例

具体例OCO2種類の売却円→米ドルの売(Bid)(売却レート)120.00円のとき、122.00円の指値で売却の第1注文、118.00円の逆指値で売却の第2注文をする場合

  • ⇒売(Bid)(売却レート)が122.00円以上になった時点で、第1注文の売却注文が成立し、第2注文の売却注文は取消されます。また、売(Bid)(売却レート)が118.00円以下になった時点で、第2注文の売却注文が成立し、第1注文の売却注文は取消されます。

2つの注文(新規注文とその決済注文を組み合わせた注文)を同時に出しておき、最初の注文が約定したら、もう一方の注文が有効になる注文方法です。最初の注文が約定しなければ後者の注文は無効のまま扱われます。
「買付後売却」・「売却後買付」があり、それぞれ指値注文と逆指値注文を指定できます。

買付後売却の例

たとえば、円→米ドルの取引で、「1米ドル118.00円で米ドルを買付し、1米ドル122.00円になったら米ドルを売却する」といった指値注文を一度に出すことができます。

具体例

具体例:IFDone買付後売却円→米ドルの買(Ask)(買付レート)120.00円のとき、118.00円の指値で買付の第1注文、122.00円の指値で売却の第2注文をする場合

  • ⇒買(Ask)(買付レート)が118.00円以下になった時点で、買付注文が成立します。その後、売(Bid)(売却レート)が122.00円以上になった時点で売却注文が成立します。

具体例

具体例:IFDone買付後売却円→米ドルの買(Ask)(買付レート)120.00円のとき、122.00円の逆指値で買付の第1注文、124.00円の指値で売却の第2注文をする場合

  • ⇒買(Ask)(買付レート)が122.00円以上になった時点で、買付注文が成立します。その後、売(Bid)(売却レート)が124.00円以上になった時点で売却注文が成立します。

売却後買付の例

たとえば、米ドル→円の取引で、「1米ドル122.00円で米ドルを売却し、1米ドル118.00円になったら米ドルを買い戻しする」といった指値注文を一度に出すことができます。

具体例

具体例:IFDone売却後買付円→米ドルの売(Bid)(売却レート)120.00円のとき、122.00円の指値で売却の第1注文、118.00円の指値で買付の第2注文をする場合

  • ⇒売(Bid)(売却レート)が122.00円以上になった時点で、売却注文が成立します。その後、買(Ask)(買付レート)が118.00円以下になった時点で買付注文が成立します。この場合は、先に買(Ask)(買付レート)が118.00円になったとしても、注文は成立しません。

具体例

具体例:IFDone売却後買付円→米ドルの売(Bid)(売却レート)120.00円のとき、118.00円の逆指値で売却の第1注文、116.00円の指値で買付の第2注文をする場合

  • ⇒売(Bid)(売却レート)が118.00円以下になった時点で、売却注文が成立します。その後、買(Ask)(買付レート)が116.00円以下になった時点で買付注文が成立します。

IFD注文とOCO注文を組み合わせて、同時に発注しておく注文方法です。Done注文として、利益確定のための指値と損切りのための逆指値の2つの注文ができ、どちらかが成立した場合に、不成立となった注文が自動的に取消されます。

具体例

具体例:IFDone買付後売却円→米ドルの買(Ask)(買付レート)122.00円のとき、120.00円の指値で買付のIF注文、Done注文として122.00円の指値で売却のOCO第1注文、118.00円の逆指値で売却のOCO第2注文をする場合

  • ⇒買(Ask)(買付レート)が120.00円以下になった時点で、買付注文が成立します。その後、売(Bid)(売却レート)が122.00円以上、または118.00円以下になった時点で売却注文が成立します。

トレール注文とは、逆指値注文に値幅指定機能を追加する注文で、逆指値を注文するときに値動きによって売り逆指値価格を引き上げたり、買い逆指値価格を引き下げたりする注文です。逆指値価格は有利な方向にのみ動きます。

具体例1

売却の逆指値でトレール注文を発注した場合

  • ⇒(1) 売(Bid)(売却レート)120.00円のとき、119.50円の価格、トレール幅0.50として売却の逆指値注文を発注します。

  • ⇒(2) 売(Bid)(売却レート)が120.00円から120.10円に上昇(=有利な値動き)した場合、当初の逆指値価格119.50円との差がトレール幅50銭を超えたため、逆指値価格は自動的に119.60円(120.10−0.50)に引き上がります。

  • ⇒(3) さらに売(Bid)(売却レート)が120.10円から120.30円に上昇(=有利な値動き)した場合、逆指値価格119.60円との差がトレール幅50銭を超えたため、逆指値価格は自動的に119.80円(120.30−0.50)に引き上がります。

  • ⇒(4) 逆指値価格は有利な方向にのみ動くため、その後売(Bid)(売却レート)120.00円まで下落(=不利な値動き)した場合でも、逆指値価格は119.80円から変動はありません。

  • ⇒(5) 売(Bid)(売却レート)119.80円になった時点で、売の成行注文が発注されます。

具体例2

買付の逆指値でトレール注文を発注した場合

  • ⇒(1) 買(Ask)(買付レート)120.00円のとき、120.50円の価格、トレール幅0.50として買付の逆指値注文を発注します。

  • ⇒(2) 買(Ask)(買付レート)が120.00円から119.90円に下落(=有利な値動き)した場合、当初の逆指値価格120.50円との差がトレール幅50銭を超えたため、逆指値価格は自動的に120.40円(119.90+0.50)に引き下がります。

  • ⇒(3) さらに買(Ask)(買付レート)が119.90円から119.70円に下落(=有利な値動き)した場合、逆指値価格120.40円との差がトレール幅50銭を超えたため、逆指値価格は自動的に120.20円(119.70+0.50)に引き下がります。

  • ⇒(4) 逆指値価格は有利な方向にのみ動くため、その後買(Ask)(買付レート)が120.00円まで上昇(=不利な値動き)した場合でも、逆指値価格は120.20円から変動はありません。

  • ⇒(5) 買(Ask)(買付レート)120.20円になった時点で、買の成行注文が発注されます。

注文時点の売値と買値を確認し、その価格で売買する注文方法です。注文発注後にレート変動があった場合、指定したスリッページ幅の範囲内で約定を優先させてその時点のレートで約定します。

※ミニ取引で2WAY注文はできません。

【ご注意事項】
スリッページ幅を指定した場合は下記の場合、注文が失効します。
売注文: 注文発注後にスリッページ幅を超えて下落した場合
買注文: 注文発注後にスリッページ幅を超えて上昇した場合

2WAY注文

成行、2WAY注文以外で注文を発注する際、現在値(※)から、現在値の50%以上乖離した価格での注文は出せないようになっています。

※現在値とは、売(Bid)注文の場合は、現在のプライスボードの売(Bid)を意味し、買(Ask)注文の場合は、現在のプライスボードの買(Ask)を意味します。

具体例

米ドル/円の通貨ペアで、現在のプライスボードの売(Bid)が119.99、買(Ask)が120.01の場合のプライスリミット

  • ⇒売(Bid)注文は 179.98 〔119.99 + (119.99 × 50÷100)〕
    買(Ask)注文は 60.01 〔120.01 − (120.01 × 50÷100)〕

スリッページとは、お客さまの注文時に表示されている価格またはお客さまが注文時に指定した価格と約定価格に相違があることをいいます。この相違については、お客さまにとって有利な場合もあれば、不利な場合もあります。

スリッページおよび注文執行に係る説明(PDF・53KB)

  • ※成行注文や2WAY注文は取消しできません。

  • ※IFD注文・IFDOCO注文で、未約定の新規注文を取消した場合、待機中の決済注文は無効となります。

  • ※OCO注文で、どちらか一方の未約定の注文を取消した場合、もう一方の注文は無効となります。