元利均等返済

元利均等返済 イメージ図
  • 「元利均等返済」とは、毎月の返済額(元金と利息の合計額)が返済開始から期間の終了まで均等となる返済方式です。

  • 毎月の返済額が一定ですので、将来の見通しを立てやすいのが特徴です。

  • 元金均等方式に比べ当初の毎月返済額は少なくなりますが、利息の支払総額は多くなるのも特徴です。

元金均等返済

元金均等返済 イメージ図
  • 「元金均等返済」とは、毎月の返済額が元金を借入期間で均等割りした金額と元金の利息の合計額となる返済方式です。

  • 借入れ当初の返済金額が多く、元金の減りに応じて毎月の返済額が少なくなります。

  • 元利金等方式に比べ当初の毎月返済額が多くなりますが、利息の支払総額は少なくなるのが特徴です。

元利均等返済と元金均等返済の返済額比較

返済シミュレーション

お借入額 1,000万円 金利 年3%(固定) 返済回数 240回(20年)ボーナス返済なしと仮定した場合

 

元利均等返済の場合

元金均等返済の場合

1回目の返済額

55,459円

66,666円

120回目の返済額

55,459円

54,270円

240回目の返済額

55,459円

41,770円

返済総額

13,310,255円

13,012,429円

支払利息総額

3,310,255円

3,012,429円

※上記シミュレーションは概算であり、実際の返済額とは異なる場合がありますのでご注意ください。