住信SBIネット銀行 セキュリティ診断|お客さまのセキュリティ強度をチェックしてみましょう 住信SBIネット銀行 セキュリティ診断|お客さまのセキュリティ強度をチェックしてみましょう

パスワード関連

01. スマートフォンを利用した際、知らないうちに無線Wi-Fiに接続していたことがある。

キケンです。

気付かないうちに無線Wi-Fiに接続させ、データを盗む手口があります。不特定多数のかたが利用する、パスワード管理がされていない無線Wi-Fiはウィルスに感染する可能性がありますので、接続先は常に確認するようにしてください。

安心です。

02. IDとパスワードをクラウドで保存・管理している。

キケンです。

インターネット上にデータ保存するクラウドサービスでは、保存したパスワード・認証番号等を不正に入手し、その情報をもとにお客さまの預金を盗む事例があります。

安心です。

メール関連

03. 心当たりのないメールを受信したが、ウィルス対策ソフトを入れているので開いた。

キケンです。

不正送金をする目的で、ウィルスを添付したメールを送りつける手口があります。
新型のウィルスは、ウィルス対策ソフトでも検知しない場合がありますので、不審なメールは安易に開くことはせず、差出人に確認するなど十分に注意してください。

安心です。

04. 銀行からのメールをすぐに確認できるようにスマートフォン等のメールアドレスを登録メールアドレスにしている。

安心です。

キケンです。

当社では、お客さまが安全に取引きできるよう、振込通知メールや各種注意喚起メールを配信していますので、すぐに確認できるスマートフォン等のメールアドレスをご登録ください。

メールアドレス変更

スマート認証

05. スマート認証を登録し、使用している。

安心です。

キケンです。

取引内容を確認して承認するスマート認証は、不正送金などのさまざまな金融犯罪からお客さまの資産を守ることができるセキュリティの高いサービスです。

スマート認証の利用登録はこちら(無料)

06. スマート認証で振込依頼を行い、スマートフォンへプッシュ通知が届いたが、取引内容を確認せずに承認した。

キケンです。

スマートフォンアプリ(スマート認証)にプッシュ通知が届いた際、身に覚えのない取引は不正送金の可能性がありますので、承認を行わないでください。

安心です。

口座売買関連

07. 口座を貸すとお小遣いになると言われたので、口座を開設して貸してもよい。

キケンです。

犯罪収益移転防止法により、自己または他人名義の口座を譲り受けまたは譲り渡した場合、1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金 となります。

安心です。

利用環境関連

08. 住信SBIネット銀行の本物のWEBサイトと偽物のWEBサイトを見分けることができる。

安心です。

キケンです。

偽物のサイトに誘導してID・パスワード等の情報を盗みだす犯罪が発生しています。
ログインする際は正規のサイトであるか確認してください。

正規WEBサイトの確認方法

セキュリティソフト

09. Phishwallプレミアムをインストールしている。

安心です。

キケンです。

PhishWallプレミアムは、不正取引を狙ったフィッシングに効果的なセキュリティソフトですので、インストールを推奨しています。

PhishWallプレミアム(インストール)はこちら

その他

10. 住信SBIネット銀行は、振込依頼内容を全て確認しているので、特にセキュリティに関して注意する必要はない。

キケンです。

当社では、不正取引防止のために最善を尽くしておりますが、各種セキュリティ対策は、お客さまご自身でも実施して頂きますようお願いします。

今すぐ出来る4つのセキュリティ対策

安心です。
お疲れ様でした。日頃からセキュリティの意識を高め、安全に当社サービスをご利用ください。