インターネット・バンキングによる口座不正使用補てん規定(個人のお客さま) - 新旧対照表

2017年8月10日改定

第1条(補てんが行われる場合)

住信SBIネット銀行(以下「当社」といいます。)は、第三者がお客さま(個人のお客さまに限ります。以下同じ。)の当社ユーザーネーム、各種パスワードおよび認証番号を詐取・盗取し、お客さまになりすまして不正に預金の払戻し(以下「払戻し」といいます。)をされたことによって、お客さまが損害を被った場合について、次の各号のすべてに該当するときは、当社はお客さまの請求に応じて、次条に定める金額を補てんします。ただし、お客さまご本人、同居もしくは生計を一にする配偶者または二親等内の親族に対して払戻しが行われた場合(払戻し先がお客さま、同居もしくは生計を一にする配偶者または二親等内の親族名義の口座であった場合を含みます。)は、補てんの対象外とします。
(略)

第1条(補てんが行われる場合)

住信SBIネット銀行(以下「当社」といいます。)は、第三者がお客さま(個人のお客さまに限ります。以下同じ。)の当社ユーザーネーム、各種パスワードおよび認証番号を詐取・盗取し、お客さまになりすまして不正に預金の払戻し(以下「払戻し」といいます。)をされたことによって、お客さまが損害を被った場合について、次の各号のすべてに該当するときは、当社はお客さまの請求に応じて、次条に定める金額を補てんします。
(略)

2015年7月1日改定

第1条(補てんが行われる場合)

住信SBIネット銀行(以下「当社」といいます。)は、第三者がお客さま(個人のお客さまに限ります。以下同じ。)の当社ユーザーネーム、各種パスワードおよび認証番号を詐取・盗取し、お客さまになりすまして不正に預金の払戻し(以下「払戻し」といいます。)をされたことによって、お客さまが損害を被った場合について、次の各号のすべてに該当するときは、当社はお客さまの請求に応じて、次条に定める金額を補てんします。ただし、お客さまご本人に対して払戻しが行われた場合(払戻し先がお客さま名義の口座であった場合を含みます。)は、補てんの対象外とします。
(略)

第1条(補てんが行われる場合)

住信SBIネット銀行(以下「当社」といいます。)は、第三者がお客さま(個人のお客さまに限ります。以下同じ。)のユーザーネーム、各種パスワードおよび認証番号を詐取・盗取し、お客さまになりすまして不正に預金の払戻し(以下「払戻し」といいます。)をされたことによって、お客さまが損害を被った場合について、次の各号のすべてに該当するときは、当社はお客さまの請求に応じて、次条に定める金額を補てんします。
(略)